廃蛍光灯破砕機・リサイクルプラントの販売

廃蛍光灯破砕機RJC2型 | 廃蛍光管クラッシャ 設置の旅 | 廃蛍光管リサイクルプラント | 

廃蛍光灯破砕機RJC2型

廃蛍光灯破砕機RJC2型
全ての蛍光管の破砕ができます。
直管、環状管、コンパクト管、電球型、水銀灯…
安全に適正処理ができます。(水銀ガス吸着塔を標準装備!)
蛍光灯破砕作業場での空気中の水銀濃度は0.025mg/m3以下になります。(労働安全衛生法に適合します。)
リサイクルを可能にしました。
蛍光灯のガラスの部分だけを破砕することによって、口金類を分別して、排出できるようになり、ガラスと口金をリサイクルしています。
蛍光灯破砕機の作業効率が良い。
直管は3本まとめて破砕することができます。
ランニングコストがほとんどかかりません。
消耗品はフィルターだけです。
高性能活性炭入り強力パワーの集塵機付。
水銀を捕集する高性能活性炭の量を多量に増やし、集塵機の吸引力を強力にしました。
故障のない丈夫な蛍光灯破砕機です。
5年間の無料修理ができる保証付です。
廃蛍光管クラッシャRJC2型はCLC型、RDA型も含め、350台の販売実績
全国で350台以上の納入実績があります。

<オプション部品>


  • ドラム缶運搬機 20,000円   
  • aa
    作業台セット 80,000円
    ※価格に台車は含みません。   
  • aa
    水銀ガス検知器・水銀ガス検地管セット
    20,000円     


廃蛍光管クラッシャRJC2型 設置の旅

廃蛍光管クラッシャRJC2型 設置の旅 廃蛍光管クラッシャRJC2型 設置の旅
H29年10月の「水銀廃棄物ガイドライン」施行以降 全国各地で引っ張りだこの状況です。
  • 静岡
    H29年9月 静岡に設置
  • 富山
    10月 富山に設置(鹿島槍)
  • 下妻
    11月 下妻に設置(筑波山)
「廃蛍光管の破砕が簡単で、あっという間に終わりますね。」と、皆さん驚かれていました。
  • 富山
    H29年12月 富山に設置(剣岳)
  • 青森
    H30年1月 青森に設置(岩手山)
  • 土佐
    2月 土佐に設置
「水銀ガス吸着塔が付いていて、水銀の漏れがないので、安心して作業できる。」と、喜ばれています。
  • 富山
    H30年3月富山に設置(五竜岳)
  • 青森
    H30年4月広島に設置(宮島)
  • 北海道
    H30年北海道に設置(襟裳岬)
  • 「安くて手軽に設置できるネ。」と皆さん積極的に設置されています。
  • 佐賀
    H30年6月佐賀に設置(大宰府天満宮)
  • 青森
    H30年7月青森に設置(十和田湖)
  • 北海道
    H30年8月札幌に設置(北海道開拓村)
「九州の蛍光灯も千葉でリサイクルできるんだ!」と驚かれています。
  • 愛知
    H30年9月愛知に設置(富士山)
  • 五稜郭
    H30年10月函館に設置(五稜郭)
  • 若狭湾
    H30年11月福井に設置(若狭湾)
「小さい集塵機がドラム缶を持ち上げられる馬力がある」のに関心されています。
  • ベイブリッジ
    H30年12月神奈川に設置(ベイブリッジ)
  • 六本木ヒルズ
    H31年1月東京に設置(六本木ヒルズ)
  • H31年2月青森に設置(岩木山)
    H31年2月青森に設置(岩木山)
「蛍光管の破砕が一発で、すっきり気持ち良くできる」と、皆さん満足気でした。



両端カット破砕機(販売中)

ryouhasi

直管専用 20形、40形、 110形兼用タイプ

<対象製品> 
廃蛍光灯(口金付き品)
<直径> 
φ25.5~φ38mm 1198mm(40形) 2367mm(110形)
<処理速度> 
2000本/時20形、40形の同時使用時 4000本/時
<機械寸法> 
2650mmWx3100mmLx2200mmH
<電源> 
3相200V 3.0kW
<圧縮空気> 
P=0.6MPa Q=60 N L/分

定価 お問い合わせください

すぐれた特徴  (特許取得済)

  • ◎三種類の廃蛍光灯の処理がこの1台で処理可能となりました。
  • ◎20形と40形は同時に流せます。単独でも流せます。
  • ◎入口シュート部に蛍光灯を1列に並べます。
  • ◎蛍光灯は傾斜コンベヤで上方に運ばれます。
  • ◎蛍光灯両端の口金を切断、口金とガラス部を自動的に分離します。
  • ◎口金はドラム缶へ排出、ガラスは破砕部で細かく砕いて排出します。


廃蛍光管リサイクルプラント(販売中)

蛍光灯リサイクル
  • 廃蛍光灯のガラス部分だけを破砕します。
    ガラス部分だけを破砕し、口金を破砕しないので、分別が可能になりました。特許申請済み
  • 原型回収の他にドラム缶回収もできます。⇒運搬コスト小
  • 原型に比べ、ドラム缶詰めにすると約1/5に減容化されます。
    保管スペースも1/5ですみ、箱詰めの手間もなくなります。
    トラック便の運送効率も5倍に良くなります。
  • 分別機で口金類とガラスを分別します⇒リサイクルができます。
    人手をかけずに分別できる為、低コストでのマテリアルリサイクルが可能になりました。特許申請済み
  • 分別後、蛍光パウダーを除去します。⇒ ランニングコスト小
    乾式洗浄機でガラスから蛍光パウダーを除去します。
    機械コストもランニングコストも少なくすることができます。特許申請済み
  • ガラス粉、蛍光粉から水銀を真空加熱蒸留し、回収します。⇒電気代少。特許申請済み


  • aa
  • aa
  • aa
  • aa